2008.11.24 おそろい
DSC00601_convert_20081124173724[1]

DSC00599_convert_20081124173631[1]


今日はとっても寒かったので、くりんに両手をかまれながら、無理やりセーターを着せてお散歩に行きました。
はじめてのお揃いのツーショット
お揃いのお洋服はいくらでも買えるけど、不器用なママの手作りセーターのペアルックは感慨もひとしおです。
ちなみに材料費 毛糸代98円×2 (ボンボンは余ってた毛糸)
今度は家族4人のお揃いを作っちゃおうかな・・・・・。

気を良くしたママは、第二弾を作成中です。

... 続きを読む
スポンサーサイト
DSC00588_convert_20081123191920[1]

長野は先週、初雪がふりました。浅間山も真っ白です。
いよいよ冬に突入です
そして、愛も5か月になりました。
とっても足が長いので、獣医さんにはきっとくりんちゃんより、大きくなりそうね♪って言われちゃった。
何はともあれ、元気が一番

昨日、今日とぽかぽか陽気で気持ち良かったので、久しぶりにお庭で日向ぼっこ太陽
... 続きを読む
2008.11.16 最後の晩餐
P1010916_convert_20081115222132[1]

リフレッシュ休暇もあと1日と迫った土曜日
最後の締めくくりに、豪華ディナーに行ってきました。
前日にくりん達とお散歩に行ってきた、メルシャン美術館にある、エルミタージュ ドゥ タムラ さんです。
外のテラスではわんちゃんと一緒に食事ができるそうですが、もう昼間でも寒いし、こんな食事は2パピがいたら落ち着かないので、今日は早々に夕御飯をあげて、お留守番です。
でも、今日は2パピちゃんたちにも豪華手作りディナーを食べさせましたよ
... 続きを読む
P1010887_convert_20081113203307[1]

今日はお天気もよく、ぽかぽか陽気だったので、軽井沢のメルシャン美術館へ行ってきました。
といっても、美術館はワンは入れないので、外のお庭をお散歩です。

... 続きを読む
DSC00553_convert_20081112140503[1]

今朝、退院しました。
皆さん、ご心配おかけいたしましたでしゅ。
相変わらず、じっとしていないので、飛び跳ねながら、自分で痛さに気づいてキャンキャン言ってます。
病院では、昨日の夜も、今朝もすごい勢いでご飯を食べたそうで、これまた先生がびっくりしてました。
この食べ方だと、気管支が詰まってしまう可能性があるので、かなり小粒にするか、少しふやかした方がいいといわれました。
今回の臍ヘルニアは、おなかの穴はとっても小さかったそうですが、すでに壊死が始まっており、緊急を要したとのこと。おなかに大きな圧力がかかった際に、おなかの薄い膜から、脂肪が飛び出してしまったようです。
おそらく、あの勢いでご飯を食べたあとに、もっともっと・・・と、ぴょんぴょんしていたことが原因ではないかと思います。
足のことばかりを心配していましたが、思わぬところで、落とし穴があり、これからも最善の注意を払っていかなければならないと痛感しました。

術後、エリザベスカラーではかわいそうなので、おなかが隠れるお洋服を手術前にあわてて探しに行きました。
とはいっても、ワンの洋服はみんなおなかがあいており・・それでも比較的おなかのあきが小さめのものを試着しようとした際に、店員さんがだしてきてくれた、試着用の下着・・・なんとおなかがすっぽり隠れ、体にフィットしているんです。
これだ!!と叫んで、通常は販売用ではない下着を300円で分けてもらいました。
さらに、めくれ防止のため、男の子用のパッドをおなかにまいてみました。
パッと見、ちょっとかわいいでしょ

これで、今夜はぐっすり眠れるね

おまけ

セーター完成しました。
かなりてきと~だけど、なんとか形になりましたようで・・・。
くりんが恨めしそうに見ていた(ように感じた)ので、余った毛糸で、くりんのも作りました。
もう少し回復したら、お揃いのセーター着て、お散歩行こうね
慣れない編み物なんぞをして、それもほとんど夜なべで2日で完成させたため、ママの首と肩はもうガチガチです
でも、愛の無事を祈って、二人でお揃いのセーターを着て、お散歩する姿を想像しながら編んでいるのって、とっても幸せな気分でした


DSC00547_convert_20081112140555[1]



愛

昨日から様子がちょっと変でした。
抱き上げると、キャンとなくので、どこか痛いのかとあちこち触ってもよくわからず、病院もお休みなので、少し様子を見ようと、くりんを連れて、しつけ教室に行きました。
帰ってきたら、痛みは治まったらしく、泣かなくなったので、ちょっと安心し、でも念のため、明日病院へ行ってみようと思っていました。
ところが、今朝、パピートレーニングでおなかをさすっていると、おなかの真ん中辺に、ニキビみたいなできものがぽつり・・・。
これか・・・と思って、触ったり押したりしても痛がる様子はなく、とにかく、病院へ連れて行きました。

DSC00540_convert_20081110230818[1]


先生に見せるや、出べそですねっと言われ、犬にも出べそってあるんですか??
と一時は笑っていましたが、先生がいろいろ触ったりしているうちに・・・・。

おなかの脂肪がおなかの膜を破って、飛びだしてしまっているとのこと。
臍ヘルニアというそうです。
通常は押すと中に戻るそうなのですが、愛のは全く戻りません。
すでに穴が閉じてしまっている模様。色も皮膚と同じ色ならば、問題ないのですが、かなり赤くなっているので、炎症がおきているか、壊死が始まっているかもしれない。
だんだん紫色になってくるようであれば、穴が閉じているとはいえ、おなかの中とつながっているので、体に影響が出る可能性があり、死にいたることはないが、それからの手術は愛の体の負担も大きいし、回復にも時間がかかる。
先生の意見としては、すぐにでも手術をした方がいいとのこと。
できれば、今日の夜にでも・・・と。

パパとママは何のことやら、気が動転し、今日手術なんて、そんなの即答できません。
まだ、4か月の愛の体に全身麻酔をする危険性も説明され、そのリスクをかけても、手術をした方がいいといわれました。

パパはとにかく、今日は仏滅だから、手術はいやですと、わけのわからないことを言い、とにかく、少し考える時間を下さい、手術をするとしたら、明日にして下さいとお願いし、家に帰るなり、ハッピーベルさんに、電話をしてしまいました。
ほうっておいても、大丈夫ですよ! という声を期待して・・・でも・・・。

愛のおなかの写真を送って、かかりつけの先生にも相談してくださいましたが、やはり、その先生も手術をした方がいいとのこと。

もう覚悟を決めるしかないんですね・・・。
手術自体はそんなに危険な手術ではないようですが、とにかくあの小さな体に麻酔をかけることが心配です。
もう少し体が大きくなってからに・・・と思いたいのですが、それでは遅すぎてしまう可能性もあり、もう先生にお任せするしかありません。

幸いなことに、今日も愛は元気に飛び回って、ご飯もたくさん食べました。
明日の朝、大好きなご飯を食べずに、病院へ行きます。
ママは、愛が元気に帰ってきて、またお散歩行けるようにと、今日、不慣れながら、セーターを編み始めました。

DSC00543_convert_20081110231514[1]

愛が帰ってくる頃には出来上がっているように、頑張る
そして、来週は、セーター着て、一緒にお散歩行くんだ

でもね、ママの休暇中でよかった。
回復するまで、一緒にいてあげられる。


DSC00524_convert_20081108200034[1]

愛佳ちゃん、2か月です。
愛ちゃんに会いに来てくれました。ちょー^かわいい
愛の名前をつけるときに、愛花という名前が第一候補だったので、とっても人の子とは思えず・・・。
赤ちゃんの匂いはたまりません
... 続きを読む
2008.11.05 妙高高原へ
DSC00522_convert_20081105192544[1]

愛でちゅ
昨日は、ママとパパとお姉ちゃんと、ママのパパ&ママの6人で、お出かけしたでしゅ。
あたちのお耳、結構茶色くなってきたみたい・・・。
あたちは、ママのお父さん、ちゅまり、おじいちゃん似らしいでちゅ。


... 続きを読む
DSC00501_convert_20081101210807[1]

普段はこんなにおとなしそうな子が・・・
... 続きを読む